カテゴリー別アーカイブ: SEO

アクセス解析ツールの使い分け

Webサイトのアクセス解析ツールは以下の3つを使っています。
・Google ウェブマスターツール
・Google アナリティクス
・リサーチアルチザン ライト

他にも色々と使いましたが、今はこの3つに落ち着いています。
使い分けとしては以下のようになります。

■ウェブマスターツール
まずは、サイトに対しGoogleから何か重大なメッセージがないかの確認です。
それからインデックスステータス。
インデックス数ががくんと下がったりしていないかの確認です。
それから、サイトにアクセスしてきた「検索キーワード」です。
ウェブマスターツール以外のツールだと、SSL通信時に検索キーワードを
収集してくれないのでこのツールに頼るしかありません。

■アナリティクス
アクセスしてきたユーザー特性を細かく知りたいときはこのデータをみます。
特にモバイルアクセスはこのツールで確認します。
また、無料ブログはリサーチアルチザンが使えないので、
アナリティクスがメインの解析ツールになります。

■リサーチアルチザン ライト
独自ドメインにはすべて設置しています。
自サーバー設置型なので、リアルタイムでデータが集計されるのがメリットです。
アクセス数など、概略をつかむのにはこのツールが便利です。

Bingですべてのキーワードで圏外となりました

あるサイトがBingで圏外となりました。
ずっと1位をキープしていたキーワードも含め、すべてです。

おかしいなと思って、Bingの検索窓で「site:ドメイン名」で検索してみたところ、
何も出てこないではありませんか。
どうもサイト自体がインデックスから抹消されてしまったようです。

特に怪しい事はしていないつもりなので合点がいきません。
こういう時はBing Webマスターツールで原因を探るしかないと思いサイト登録しました。
これまでGoogleウェブマスターツールは日常的にずっと使っていたのですが、Bingでは使っていませんでした。

BingではMicrosoftアカウントでWebマスターツールにサインインします。
Microsoftアカウントは既に持っていたので、いたって簡単にサイト追加ができました。
サイトマップも送信したので、正常にインデックス登録されるか結果待ちです。

WordPressのプラグインアップデートでトラブル発生

私が運営しているWordPressサイトのいくつかでは、SEOのため、「WordPress SEO by Yoast」というプラグインを使っています。このブログサイトでも使用しています。

それが更新メッセージが出ていたので、何の気なしにアップデートしたところ、いきなりトラブルに見舞われてしまいました。

まず、設定がところどころ飛んでしまっているではありませんか。
titleタグやmeta descriptionは、このプラグインの設定で出力しているので、これはまずいと思い、設定し直しました。

ところが一番の問題は、カテゴリーページのパーマリンクで、’category’という文字列を出力しないように設定していたのですが、新しいバージョンではその機能がなくなっていたのです。
URLは、「http://ドメイン名/カテゴリースラッグ/」から、「http://ドメイン名/category/カテゴリースラッグ/」に変わってしまっています。

プラグインのサイトを見たところ、この機能削除はバージョンアップで評判が悪いが、復活させるつもりはないとのこと。
代替策として同じ機能を提供している他のプラグインを紹介していました。

私としては、URLが変更になるのはSEO的にまずいし、他のプラグインを追加するのも嫌だったので、結局古いバージョンに戻しました。

今回の教訓としては、バージョンアップする時は何かあった時に古いバージョンに戻せるよう、直前のバックアップをとっておくこと。
これはずっと意識してやっており、今回も助かりました。

それと、新しいバージョンの更新履歴を必ず確認すること。
これは今回やりませんでした。

WordPress SEOは、v1.4.25からv1.5.2.1にアップデートしようとしたのですが、プラグインの更新履歴を見ると、v1.5.0からは設定のコンパチビリティが失われるので、必ず設定のバックアップをとっておくようにと注意書きがありました。
しかしカテゴリーの件はさらっとしか書いていないので、更新履歴を見たとしても気づかなかったでしょう。(英語ということもあり)

WordPressについては、本体もそうですがプラグインもしょっちゅうアップデートされます。
そのたびごとに影響を確認し、Webサイトの動作を検証しなおさなければならないのも、手間がかかりすぎです。

だいたいすべて無料で使用しているのですから、アップデート保証など誰もしてくれませんし、開発者に文句を言っても仕方ないことです。
「文句があるなら使うな」と言われるのがオチです。

そこで私はアップデートがある程度たまったところでやるようにしているのですが、最初にサイトをオープンした時のような細かい動作検証は当然やりきれません。

セキュリティを考えると古いバージョンのままにしておくのも危険ですし、新しいバージョンではコンパチビリティの問題がある。
ソフト開発の場合は、こういう問題に関してある程度の解答があるのですが、CMSではどうしたら良いかまだ思案中です。

検索順位を調べる

Webサイトは作って終わりではなく、オープンしてからの運用・改善が勝負と思っているのですが、具体的に何をどうやったらいいのかまだ模索中です。

長いスパンで考えると、コンテンツを充実していくことこそが、ユーザーの評価につながることは間違いないことです。

それともうひとつ、考えなければならないのは、いかに露出度を上げるかです。
ユーザーに見つけてもらえなければ、いかにコンテンツが優れていても何にもならないですからね。

そのためには、広告をうったり、検索順位を上げたり、ソーシャルメディアで紹介したりと、コンテンツ制作とは別物のテクニックを駆使しなければなりません。

私も自分で運営するサイトはオープンしてほんの数か月ですので、まだまだこれからです。

今まではサイト制作に手一杯でしたが、運用や改善を軌道に乗せようと思い、何をやるか洗い出しました。

とりあえず指標となる数値をモニターしてみなければ始まらないので、検索順位を調べてみました。

ネットで調べて見たら検索順位を調べるツールはたくさんありました。
オンラインツールでなくPCにインストールして使うソフトが良いと思い、「検索順位チェックツールGRC」というソフトを使うことにしました。

このソフトの無料版は、URLは3つまで、検索語数は20までと少ないのですが、とりあえずとっかかりとしてはいいでしょう。

早速作った3つのサイトについてやってみましたが、狙っていたビッグキーワードでは当然のごとく圏外です。
しかし、ロングテールワードではいくつか10位以内に入っているものもあり、「こりゃ、がんばれば何とかなるな」と少しやる気が出てきました。

Webサイトの改善も、結局は運用のPDCAサイクルをどうやって回すかに帰結すると思いますので、しばらくは運用作業で格闘してみるつもりです。