海外サイトからのリセールライト商品仕入れ

リセールライトは、海外のほうが圧倒的に普及しています。
そこで海外サイトから商品を仕入れてみました。

日本との違いは、商品の数もさることながら、圧倒的な価格の安さです。1商品ほんの数ドルです。
ボリュームディスカウントで単価はさらに下がり、ただ同然の安さになることもあります。

これだとビジネス自体が成り立たなく恐れありです。
とにかく何千、何万もの商品を扱っているサイトもあり、すべて投げ売り状態です。

日本ではいまだに数万円の価格で情報商材が販売されていますが、もうあほらしく感じますね。

eBookにしたって、Kindleストアでは100円で買える商品が数限りなくあります。
もはや一般分野におけるデジタルプロダクトに関しては、高く売れる時代は過ぎ去ったのでしょう。
よほどのニッチ分野でないと、いかにセールスレターが優秀でも高価格では売れないような気がします。

このような状態では、リセールライト商品の使い道としては何があるのでしょう?
自分の独自商品の特典とするか、複数の商品を組み合わせて独自の付加価値を付けるかです。
あるいはネタがない人のネットビジネス練習用ですね。

もはや単独では売りにくいし、ペイできる状況ではありません。