スマートフォンサイトの開発環境

スマートフォンサイトを制作するにあたって、開発環境を整えようとしました。
これまではブラウザの持つ機能で、ユーザエージェントを切り替えて表示確認してきました。

Android用では、「Android SDK Tools」が公式のエミュレータとして出ているので、それをインストールして使ってみました。
結論から言うと、「使う気になれません」。
動作が相当重く、私の持っているプアなスペックのパソコンでは使い物にならないのです。

iOS用では、Appleが提供している「iOS シミュレータ」があります。
これは動作も軽快みたいですが、いかんせんMacでしか動かないのです。
Windowsマシンしか持っていない私は使うことができません。

最終確認は実機で行わなければならないのですが、大手の制作会社でない限り多くの端末を用意するなんてことはできません。
当面はWebブラウザによるユーザエージェント切り替え機能で制作中のデバッグは対応し、最終段階でいくつかの実機を借り受けて確認することになりそうです。